« 仕事で使いたいSpacesとExposeとDashboard ::Mac mini使いこなし:: | トップページ | ProteusVXがフリーに!! ::ProteusVX:: »

2008年8月 8日 (金)

最低の言い訳 ::五輪サッカー::

米国戦後 反町監督&水本主将会見

確かに、前半の森重のシーンは決めておきたいシーンではありましたが、あれが入っていても逆にアメリカに2点取られていたかもしれず、「決めるべきところで決めていれば」のたらればのパラレルワールドが楽園とは限らないわけで、若い選手たちはともかく(五輪世代が年下になってしまたのも、中々悲しいものです…)、監督が言う発言ではありません。

「決めるときに決める」「守るべきところで守る」これが出来るか出来ないかをオシム前日本代表監督は「ニュアンス」と表現しましたが、この「ニュアンス」というものは、サッカーに限らず、社会においても、もっとも伝わりにくい部分です。あるプロジェクトを成功させたい、という大枠の目標に関しては、全員同じ方向を向いているはずなのに、営業さんの立場、経理さんの立場、開発の立場、工場の立場、それぞれがそのプロジェクトに対する考え方やアプローチは異なり、ほんのちょこっとの思考の違い、つまり「ニュアンス」の差が大きなストレスや大きなミスを生む、ということは良くあることからも、分かると思います。

「ニュアンス」が伝わるかどうか、世界的にみて長けたフィジカル能力がある選手や、どこからでもゴールまで奪うことの出来る選手がいるわけでもない日本にとって、これこそが生命線であり、これが上手くいかなかった時点で、力が無かった、といわざるを得ません。
(とはいえ、この世代くらいまでは、身体能力が高い選手の多いチームが勝ちあがってしまうので、限界はあるでしょうが)

そういう意味でも、五輪というU-23の本番中の本番で出し切らずに、どこで出し切るんだ、という、意味でも、監督の

「日本の力を出し切れなかったという感想」

という一言は最低の言い訳だったように思えます。

***

残り2試合は、確かに強豪です。勝ち抜けは厳しいかもしれませんが、「ミスを修正する」「いつものように戦う」では無く、EURO2008のオランダvsロシア戦で、後半、狂ったようにミドルシュートを繰り返し、同点ゴールを呼び寄せたスナイデルのように、自分のプレーに拘るのではなく、勝利への執念だけで戦う姿を見せて欲しいものです。

« 仕事で使いたいSpacesとExposeとDashboard ::Mac mini使いこなし:: | トップページ | ProteusVXがフリーに!! ::ProteusVX:: »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最低の言い訳 ::五輪サッカー:::

» 【五輪サッカー】についてサーチエンジンで検索してみると [気になるキーワードでブログ検索!]
五輪サッカー に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし… [続きを読む]

« 仕事で使いたいSpacesとExposeとDashboard ::Mac mini使いこなし:: | トップページ | ProteusVXがフリーに!! ::ProteusVX:: »