« ProteusVXがフリーに!! ::ProteusVX:: | トップページ | コンピュータのあり方とブラウザのあり方 ::IE8, FF3, Chrome その1:: »

2008年8月20日 (水)

攻撃は守備の意思統一から ::キリンカップ::

今日の代表の試合ですが、ウルグアイが、本気で勝ちにきていたので、中々見ごたえのある試合でした。そして、日本と世界の強豪との違いがハッキリと見えた試合でもありました。

ウルグアイが素晴らしかったのは、ここぞ、というタイミングを、チームでしっかり共有が出来ていることです。2失点目のシーンで、駒野が前を向いて取られたことがキッカケだったわけですが、あのシーンの駒野を責めるの酷で、あそこでボールを奪うという意思統一が完璧に出来ていたウルグアイを褒めるべきでしょう。

五輪代表を含め、日本代表では、このシーンのように、チームとしてボールを奪う、というシーンが殆ど見られないんですよね。良く速攻で、「ここで中盤の選手が上がって数的優位を作らないと」というシーンを良く目にしていましたが、中盤の選手の意識や運動量の問題なのではなく、多くの場合、チームとしての奪取ではなく、偶々、一対一で勝った選手がしかけたものであるため、周りが反応し切れなかった、ということが正しいということが分かりました。

いつもヌルヌルで存在意義がいつも問われていたキリンカップですが、チームとしての攻撃の組み立ては、ボールを奪ってからではなく、ボールを奪う前から準備することが大切なんだということを明確にしてくれた今年は、非常に有意義な試合だったように思えます。中田の発言から、「一対一で負けない」ということが、近年のサッカーでは合言葉のようになっていましたが、チーム競技であるサッカーでは、クリティカルなシーンで数的を作って確実に勝つほうが、ずっと重要だ、と教えてくれたウルグアイには感謝です。

« ProteusVXがフリーに!! ::ProteusVX:: | トップページ | コンピュータのあり方とブラウザのあり方 ::IE8, FF3, Chrome その1:: »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 攻撃は守備の意思統一から ::キリンカップ:::

« ProteusVXがフリーに!! ::ProteusVX:: | トップページ | コンピュータのあり方とブラウザのあり方 ::IE8, FF3, Chrome その1:: »