« 本当の「Netbook」 :: Dynabook AZ :: | トップページ | arduinoがワイヤレス対応??? :: ZigBee@Wireless Japan :: »

2010年6月25日 (金)

ヤケクソ采配の行方 :: サッカー日本代表 ::

寝れそうに無いので、こんな時間に更新。

本田躍動で日本が16強入り!

イングランド戦を見た限りでは、このときの布陣で行けば、点は取れなくとも、ドイツのときよりも楽しめるだろうとは思っていましたが、正直、ここまで行くとは思ってもいませんでした。韓国は、パクチソンという絶対的な選手が居ることで、ベスト16の可能性は十分考えられたんですが、本田もそのクラスの選手になりつつあるようです。最後のアシストは、ミラクルでした。

にしても、それ以上に岡田監督の吹っ切れたような方針転換にはビックリしました。選手起用もそうですが、オシムからこれまで、体力が続くはずのない無謀なプレッシングサッカーを続けてきましたが、最後の最後に、引いて守る弱者の守りと、これまでタブーとされていた感もある個人技に得点力を頼る戦術を選択するのは、勇気ある決断というより、ヤケクソの決断だったようにも感じますが、これがピタリとハマりました。

また、オランダ戦の選手交代も見事でした。カメルーン戦に勝てたことで、オランダ戦を捨てることが出来、それを上手く活用して、下手に勝ちにいくのではなく、俊介の最終テストを行えたことも、今日の試合に臨む上では大きかったですね。合格すれば引き分けをもぎ取れるし、ダメなら今回の先発メンバーが正解だったことを対外的にもPR出来るし、と、どちらに転んでも良い結果を得られます。ヤケクソになると、ここまで出来るのか、と、驚きました。

レッズファンからすると、長谷部キャプテンは、本当に感慨深いものがあります。

レッズの成績は長谷部と共にあって、レギュラー獲得した年には、ナビスコで優勝、そして次の年の伝説のジュビロ戦でのゴールの勢いそのまま、後期リーグ初優勝と、2この頃には、間違いなく日本人トップクラスの選手であることは確信していたのですが、アテネの五輪にしても、ドイツW杯にしても、プレーが地味なこともあって、良いプレーをしても決して代表に定着することは無かったんですよね。今回だって、ヴォルスブルグで準レギュラーでなければ、多分、代表に呼ばれるかどうかも分からなかったと思います。

今の代表の雰囲気が試合が進むごとに良くなっていったのも長谷部がキャプテンになってからでしょう。この指名は選手の投票ということらしいですが、それでも、岡田采配の最大のポイントは、実はこの決断だったのではないでしょうか?

***

これ以上、結果を望みません。ただ、見ている人達にこれからも感動を与える無心のプレーを、これからも続けて欲しいです。

あと、今回の戦い方が、これからの日本の戦い方の基礎となるのであれば、次の監督はブッフバルトでもいいかな…。もちろん、コーチにエンゲルスで…。

« 本当の「Netbook」 :: Dynabook AZ :: | トップページ | arduinoがワイヤレス対応??? :: ZigBee@Wireless Japan :: »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤケクソ采配の行方 :: サッカー日本代表 :::

« 本当の「Netbook」 :: Dynabook AZ :: | トップページ | arduinoがワイヤレス対応??? :: ZigBee@Wireless Japan :: »