« とまらない安易なポピュリズム :: 浜岡原発停止 :: | トップページ | "呪縛"からの開放 :: WWDC2011 :: »

2011年5月30日 (月)

deja vu :: CL決勝 ::

欧州CL決勝、美しさと強さの共存。バルサが見せつけた圧倒的な力の差

2年前の決勝と同じカードとなった今年のCL決勝ですが、ほぼ2年前と同じく、マンUが、ほぼなす術無く敗れ去りました。

ここ3,4年のマンUの戦術は、バルサと相性が悪いんですよね。ピンチは、最終ラインのビディッチ、ファーディナンド、そしてGKのファンデルサールで防ぐ、というやり方だけでは、大抵の相手では通用しても、圧倒的な中盤支配能力を持つバルサの圧力に耐えられない、ってことが露呈したのが、2年前の決勝だったのですが(その前年のチェルシー戦でも、PK戦だから勝ったようなものの、中盤支配されっぱなしで内容はボロボロでしたが)、それでも、中盤に汗かき役を設けて、バイタルでピンチの目を紡ぐ戦術を採用はしてこなかったですからね。

ルーニーアンカーなんて作戦とれば、もしかしたら、面白いことになったかもしれませんが、ウエンブリーでの決勝で、マンUのプライドが、それを許す訳ないですし。

このバルサ止められるのは、結局、モウリーニョだけなんでしょうかね。モウリーニョの元右腕が率い、元ベルディのフッキ擁するELを制したFCポルトが、バルサ相手にどのような戦い方をするのか、少し楽しみではありますが…。

« とまらない安易なポピュリズム :: 浜岡原発停止 :: | トップページ | "呪縛"からの開放 :: WWDC2011 :: »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: deja vu :: CL決勝 :::

« とまらない安易なポピュリズム :: 浜岡原発停止 :: | トップページ | "呪縛"からの開放 :: WWDC2011 :: »