« 指導者の役割 :: コパ・アメリカ :: | トップページ | touch技術と共に :: OS X 10.7 Lion :: »

2011年7月24日 (日)

3年ぶりにMac mini購入 :: 新Mac mini & Lion購入 ::

新Mac miniを購入して一通りセッティングが終わったので、色々とレポートです。
(カテゴリPCだと、怒られそう…)

の前に、参考になるかもしれないので、新Mac mini + Lionで動いたハードのリストを上げときます。(動作保証するものではありませんが…。)

****

Mac mini仕様

Mac miniとMacBook Air、どちらを買うか迷ったんですが、主な利用用途がiTunes(iPhoneと同期したり、音楽聞いたり)、動画取り込みなので(iOS5から母艦はiCloudになりますが…)、色々、USB機器と接続して使う前提でAirは無いだろう、ってことで、Mac miniを選択しました。

この選択はすんなりだったんですが、どのオプションを付けるかで、相当迷いました。

#CPU#
今回の利用用途だと、多少の周波数の違いじゃ大して体感速度は変わらないだろうということで、他の組み合わせとの兼ね合いとすることに。

#GPU#
Radeon搭載でもGPUメモリ256MBはアンバランスに感じたので、積極的にこれを選ぶ理由は無いと判断しました。打ち込み用途であれば、メモリの帯域確保にGPUは必須でしたが。

#メモリ#
不況と円高の影響で、今、メモリ、メチャクチャ安いのですが、Apple Storeのオプション変更でのメモリ増設では、この恩恵が受けられそうにありません。一方で、今のMac miniは、簡単にメモリ交換出来る構造になっているということで、自前で交換することにしました。(初代のタイプのMac miniは、メモリ交換がメチャクチャメモリ交換が面倒で、行う気が起きず1Gで我慢してました。)
ちなみに、交換したメモリは、Transcendの4Gx2@約¥5,000。ドライバ無しで、5分程度で交換が完了しました。Appleで行うと2G->8Gが、¥27,700なので、iPod touch8G、一台分以上浮くことになります。

#HDD/SSD#
AirがSSD化しているだけに、対抗してSSD化したかったんですが、いかんせん¥50,000以上に見合った対価が得られるとは思えず、断念しました。
7200ppmのものを選べば少しでも体感速度あがるかなとも思ったんですが、これも値段アップ分までの対価がなさそうだし、納期も遅くなるしで、やめ、結局、一番お安価ねオプションを選ぶことに。
なお、これの交換は、分解とその後のOS再インストールが面倒だし、リスク大きそうだし、ということで、行っていません。

#その他#
マウスは去年の福袋残念記念に買ったMagic Mouse、キーボードは、iPod用に買ってみたものの、使い勝手が悪くてお蔵入りになっていたWireless Keyboadが手元にあるので、それを流用。
今回のMac miniでせっかく無くなったディスクドライブですが、音楽の取り込み(PopsはSony系に偏ってしまうので…。)やDVD焼きなどに必要なのですが、純正のDriveは、Magic Mouseなどに比べて魅力が薄い割に割高です。
ということで、Baffalo社製のUSBの補助パワー対応のもの別途購入(店頭で¥5,000位)しました。新ハード+新OSで、まだ動作確認出来ていない製品を買うのは、少し危険かとも思ったんですが、特に問題なく動いています。

ということで、結局、一番下のグレードのオプション変更なしのものを購入し、後付けして補強することにしました。

***
どのMacを買うかだけで、記事が長くなってしまったので、OSに関する記事は、また次回に。

« 指導者の役割 :: コパ・アメリカ :: | トップページ | touch技術と共に :: OS X 10.7 Lion :: »

PC」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3年ぶりにMac mini購入 :: 新Mac mini & Lion購入 :::

« 指導者の役割 :: コパ・アメリカ :: | トップページ | touch技術と共に :: OS X 10.7 Lion :: »