« 2016年5月 | トップページ | 2017年6月 »

2016年7月

2016年7月18日 (月)

Pokemon GOの未来 :: Tango Project ::

海外で先行公開されたPokemon GOが、想像を超えたブームとなっています。Pokemon Goの世界は、アニメ「電脳コイル」で描かれていた世界感の一歩手前で、このアニメを見たときから、「この世界が現実に来たらこんな事件が起きるだろうなあ」、と想像していたことが、もう世界で頻発しています。ただ、海外は、大体トラブっているのは、若くても高校生位です。若年層のスマホ普及率が高い日本では、海外以上にトラブルが起きることが頻出することが、火を見るより明らかです。これだけ話題になってしまうと、リリース直ぐに小・中学性は、挙って始めるでしょうし。任天堂として社会的責任をどうするか?、の落とし所が、中々、見つからないから、というのが、日本でのリリースが遅れている原因でしょう。

###

道徳的な話はさておき、エンジニアリング的に興味深いのは、今年の9月に、このゲームをもうワンランク面白くするであろうデバイスが、Lenovoから控えていることです。

Lenovo Phab2 Pro

このファブレットは、GoogleのTangoというProjectに対応した世界初のデバイスです。複数の特殊なカメラを搭載することで、カメラに映ったモノを3次元で取り込み、かつ実際のサイズを認識できる、というものです。

要は、今のスマホを使う限りはPokemon Goはモンスター画面上に写っているだけですが、このデバイスによって、あたかもそこにいるかのような演出ができる可能性があるということです。

Pokémon GO and Google Tango would be a match made in heaven(英文)

TangoとPokemon GOがうまくハマれば、次は、いよいよ、Google GlassにTangoとPokemon GOで、電脳コイルの世界そのものになっていくでしょう。

###

ただ、個人的には、Google GlassにTangoが乗るなら、新たにできると言われるUSJ横の任天堂ランドで、マリカーARやリアルSplatoonがやりたいですね。

« 2016年5月 | トップページ | 2017年6月 »