« アイディア不足 :: 新iPhone発表直前 :: | トップページ | 今、買うiPhoneが無い... :: iPhone11発売 :: »

2019年9月14日 (土)

VAIO SX12 購入

手持ちのMac Book Air(2011 11inch)がOS更新にも対応してくれなくなってしまったため、新しいモバイルノートPCの購入を検討していました。

で、結論から先に書くと、VAIO SX12を購入しました。その経緯を書いていきます。


順当にいけば、現行のMacBookAirになるんですが、

  • USBポートが全部TypeC
  • そのUSBポートも2個しかなく、片側にしかなく、しかも、一つを電源供給に利用してしまうと、1つしか使えない。
  • 重さが1k越え
  • りんごが光らない

と、引っかかるポイントが多々あり、見送ることにしました。

MacBookの復活を待つことも考えたんですが、Appleの今の方針は、軽いモバイルノートが欲しければ、iPad Proにキーボードケースをつけろ、って方針っぽく、もう出ることは当分ないだろうと予想し(出たところで、結局、重さ以外のポイントが引っかかるんですが)、AppleのノートPCの購入は見送ることにしました。

で、Windows PCの購入を検討することにしました。まずは、DellやHP、ThinkPadなど、海外系のノートPCを検討してみたんですが、そこそこ質の良いモバイルPCって、どれも大体、1kg超えてました。「MacBookAirが1.1kgなんだからそれ位でいいんじゃない?」、っていう思考停止で設計している感じですね。まあ、1kgを切るノートPCの需要は、車でなく、徒歩、自転車、電車交通が主流の日本市場だけの要求なのかもしれません。それでも、Pokemon Goを楽しんでいる身としては、モバイルPCを持っている時でも歩き回りたく、1kg切りの条件はマストだったので、海外系のノートPCも見送りました。

ということで、国内系のノートPCを探し始めるのですが、ここまで色々検討して海外系の選択を排除してきたのであれば、もう純日本製のPCを購入したいなあ、と思い始めまして、そうなると、もうVAIOかLet's Noteに絞られてしまいました。

Let's Noteは、

  • 仕事でずっと使っているので、プライベートでは別のにしたい
  • どう見ても、個人消費者を相手にする気のない価格設定

が引っかかり、選択肢から外れまして、残ったのがVAIOとなりました。

と、消去法で選ばれたVAIOですが、SONYから別会社になったのがいい方向に向かって、価値のあるPCを作り続けているなあ、と考えています。VAIOといえば、使えそうもないSony純正のソフトが無駄にゴテゴテ付いているもの、でしたが、そういうものが、一切、無くなりましたからね。購入検討の際、店員さんも「もうSony製のソフトは入っていません」って説明してくれたので、ここが引っかかっている人、結構、多くいるんだろうなあ、と察しました。Mac Book Airで気にしたポイントも全部クリアしており(りんごは光りませんが)、Apple等との差別化も意識してか、有線ポートが多く、かつ両側にUSBがある、というのもポイントが高いです。最近のPC、ここもAppleに右へならえで、USBポートが少ないPCも最近多いんですよね。

価格も増税前ということで、諸々値引きサービスもあり(それも日本メーカーならではですね)、大体同じSPECのMacBookAirと同じくらいの価格だったので、購入することにしました。


届くのは、再来週です。今から楽しみです。


'19/9/18追記

Lenovo、Microsoft、Dell、VAIOに聞く「ライバル製品、どう思います?」:ガジェットメーカーさんいらっしゃい!

ちょうど、今回の自分の投稿は、上記の記事のカウンターになるものでしたね。

1kgを切るって部分では、Surface Pro6も選択肢に入ってくるので、これにも少し言及します。

  • タブレットは、iPad Airを持っているので間に合っている。
  • ITmediaの記事にもあるようにキックスタンドって、日本の電車文化、狭い家事情に馴染まない。

と点が引っ掛かったため、購入候補から外れました。

« アイディア不足 :: 新iPhone発表直前 :: | トップページ | 今、買うiPhoneが無い... :: iPhone11発売 :: »

デジタル家電・ユビキタス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。