« 10年越しの夢と10年後の未来 :: UWB on iPhone :: | トップページ | 凡庸 :: Surfaceシリーズ :: »

2019年9月29日 (日)

VAIOとWindowsの成長 :: VAIO SX12到着 ::

VAIO SX12が届きまして、さっそく色々使ってみました。

重さ

まだ持ち歩いて使っていませんが、やっぱり軽いのが良いですね。どこにでも持っていけそうです。

タッチパッド

普段、仕事ではLet's Note使っているのですが、ここが最も大きな差分ですね。VAIO SX12+Win10の組み合わせで、Macと同様の機能が実現できています。

  • 二本指で縦にスワイプするとスクロール
  • 二本指で横にスワイプすると戻る、進む(Firefoxのアドインで対応)
  • 三本指で上にスワイプすると"Mission Control"と同等機能が利用可能
    (これ隠れたWin10の良い機能だと思うんですが、ほとんどPRされていないですよね。
    一方、iOSのマルチタスク切り替えが、Windows Vistaで散々馬鹿にされたウィンドウスイッチャ表示になってしまったのが謎)

Let's Noteの丸形トラックパッドもファンが多いと聞くので、中々、変えられないのも分かってはいますが、一度、Macの大型トラックバッドとマルチタッチジェスチャを触ってしまうと、時代遅れにしか感じないんですよね。VAIOは変に意地を張らず、MacBookの良いところを取り入れたのは評価したいです。(まあ、hpやDell等のPC使っても同じことはできるんでしょうが。)

PCの開け閉め

VAIOのチルトアップ構造は、VGA, LANを搭載しつつ、薄型を実現するのに、必須の構造なんでしょうが、少し開きにくいのが難点です。ただ、これは慣れで何とかなりそうです。

キーボード

このVAIOを使ってQiitaに一つ記事を挙げてみましたが、書くのに全く困りませんでいた。

指紋認証

これも地味に便利です。

総評

頑丈さは、当然、まだ評価できない部分ですが、それ以外の部分は、購入して一日目ですが、大満足です。

Intel MacBook+OS Xが出た頃(10年くらい前ですね)は、ありとあらゆる部分が諸々のノートPC+Windowsを先取りしており、ノートPC買うならMacBook一択でしたが、Appleが迷走している間に、VAIOもWindowsも余計な部分が削ぎ落されて良いものになりました。VAIOは、法人向けに力を入れていると聞きましたが、この出来であれば、仕事でもVAIOを使っていきたいものです。

« 10年越しの夢と10年後の未来 :: UWB on iPhone :: | トップページ | 凡庸 :: Surfaceシリーズ :: »

PC」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。