ゲーム

2011年11月 7日 (月)

クリエイターとユーザーの間で :: スーパーマリオ 3Dランド ::

ブームに溺れた任天堂、浮沈のカギ握る「サービス化」

10月に四半期の決算で不調が発表されたことを受け、上記のように、NDS、3DSが不調な原因として、スマホにユーザーを取られている、なんて、検証が各所で見受けられます。が、原因はそんな難しいことではなく、単純に面白いゲームが3DSで出ていないから、という至極、当然の理由から来ていると考えています。

なので、先週発売された「スーパーマリオ 3Dランド」のデキは、今後の任天堂を占う上で重要なソフトとなりました。やっぱり任天堂のハードには何はなくとも「マリオ」が無いと始まらないですし。

ということで、3Dランドを購入して遊んでみました。

NDSのNewマリオの出来に不満だったので、出来を結構心配していたんですが、今回は、かなり面白かったです。この土日で、所謂「表面」はイッキにクリアしてしまいました。この出来であれば、今年のクリスマスからの3DSは、12月に発売される「マリカー7」と合わせて、2005年のNDSのように、突然の品薄がかなり続くことが予想されます。

***

ただ、思い出補正もあるんでしょうが、ファミコンのマリオやマリオ3、マリオワールドと比べて、って言われると、やっぱり、これらの方が面白かったなあ、と感じます。

3Dランドの不満は蛇足感ウワベのオマージュの嫌らしさです。

蛇足感の根本は、この開発チームが、このソフトをきっかけに「マリオギャラクシー」等の本格3Dマリオの世界に引き込もうとする仕掛けから来ているものと思われます。今回、3Dマリオの面白さを味わってもらうために、ある程度スターメダルを取らないと最後まで進めないような作りになっているんですが、スターメダルは取っても取らなくても良いような仕様にしておいて欲しかったですね。

例えば、マリオワールドのドラゴンコインは5枚集めれば1upするわけですが、取らなくても特に問題はありません。しかも、大抵、取りにくいところにあって、1upを狙うために取りにいったのに、1機失ったり、意地になると、何機失っても取ろうとしたり、っていう本末転倒なことが良く起きます。ただ、一回取りにいくと決めたら(大抵、1機失ったタイミングなんですが)、まず引けなくなるんですよね。取らないで見過ごすと、ゲームの開発者に、馬鹿にされた気になるからなんでしょう。それが、今回のように必須と言われた途端、取りにいくのが面倒になるんですよね。

こういう差が、ゲームの面白さを分ける部分だと思うんですが、ゲームの本質よりも、このゲームに背負わせたメッセージを優先させてしまったことが少し垣間見え、少しストレスを感じました。

上辺のオマージュの嫌らしさの根本は、多分、この開発メンバーが、売り上げが見込める2Dマリオより、自分たちの開発している3Dマリオの方が絶対面白い、っていう自負というか負い目というか、があるからでしょう。

ワールド選択の画面で初代マリオのドット絵が動いたり、ドット絵の面があったり、ゴールポールを作ってみたり、パッケージに「新しいのになつかしい」と書いてみたりなど、随所に2Dマリオ世代を煽る仕掛けが随所に備わっている訳ですが、どれも今回のゲームに必要な要素か、と言えば、疑問です。今回の2Dと3Dをつなぐシンボルとなったゴールポストですが、ボスステージにゴールポストは、やっとボスを倒した、っていう達成感に水を指す感じがするし、助けたキノピオ達にお礼を言ってもらって、次のステージに進む、という方が、演出の流れとしても自然だと思います。

ファミコン世代は、親になっていたり、独り身でもお金はそこそこ持っていたり、なので、ここへ訴えるのはマーケティング的には重要だとは思います。が、マリオっていうゲームは、余りゲームを知らない小学生〜中学生に対して「ゲームって面白い」っていうことを数ある娯楽の中から選んでもらうための起爆剤であるべきで、その視点から言えば、余計な演出だったし、もう少しやりようがあったように感じます。

***

随所にリンクを張りましたが、「社長が訊く『スーパーマリオ 3Dランド』」を読むと、今回の3Dランドのマリオ操作の仕様変更に、心から納得出来ていない感じが透けてみえます。それが、少し安易なオマージュやマーケティング重視の戦略を平気で取り入れている要因でしょう。作り手に自信があれば、コスプレ芸能人をトップに持ってくるようなHP Topは、断固拒否すると思いますし。

ただ、初期マリオをやってきたユーザーからすると、今回の操作仕様こそが、3Dになったマリオに望んでいたことなんですよね。この作り手の思いとやり手の思いが交わらない、って部分は、どの仕事においても最も難しい部分でしょう。ただ、これを妥協点として解消しないで、しっかり納得した上で進めれば、もっと良いものが出来たような気がするだけに、本当に勿体なかったです。

2011年2月27日 (日)

購入時期はワリオが出てから? :: 3DS ::

『ニンテンドー3DS』のロンチラインナップにあのタイトルがない? そのタイトルとは……

昨日発売された3DS、早速、手に入れました。ヨドバシ京都で予約していたんですが、受け取りにいった15:00頃でも、まだ在庫残っていました。今回、かなり在庫積んでから発売に至ったようです。

で、少し遊んでみたんですが、まだまだこれから、って感じでした。3DSならではのゲームは、今まで新ハード毎にハード特性を活かしたソフトを作ってきた、ワリオの開発チームに小ゲーム集を作ってもらってから、ようやく生まれるような気がするので、それまで待つのが良いように感じます。

気になる点としては、DSiで出来た、ブラウザ機能、DSi Wareが無い点です。ブラウザはともかく、DSi Wareは、最初から実装しておいて欲しかったですね。DSi wareで3DSを活かした一発芸ソフトが充実すれば、ワリオが無くても次のソフトのアイディアに繋がったと思うんですよね…。