プログラミング

2010年7月25日 (日)

HTML5に足りないもの :: Silverlight vs. HTML5 ::

最近、Silverlightを勉強しています。それを使う上で、どうしてもXAMLを勉強せざるをえず、色々手間取ったんですが、

XAML → HTML + CSS
C# → JavaScript

と解釈することで、すんなり頭に入れることができるようになりました。

分かってくると、パネルの使い勝手の良さもあって、今まで仕事で作っているアプリもWindowsFormではなくて、WPFでソフトを作りたくなってくるんですが、会社のPCは全てWindowsXPで、.NET Framework2.0は別件でインストールしてもらっているものの3.0以降は、各自手動で入れてもらう必要があって、汎用性に欠けてしまうため移行できそうにありません。

で、本題です。

XAMLに慣れてくるとと、逆に、RIAとして利用とする場合のHTML5のレイアウトに不満が出てきました。

少しYahooのサイトのソースを見てみたんですが、予想通りdivタグの嵐でした。これは、htmlがレイアウトを指定することを禁止しているためなんですが、これが不便で分かりずらいんですよね。

htmk5になっても、htmlタグにレイアウトに関するタグは登場せず、やはりcssでレイアウトを指定することになっていますが、今の現状を考えると、XAMLにあるようなGridやStackのようなコンテナが再現できるタグが標準的にあっても良いのではないでしょうか?